大阪でのかんぱん治療とは

大阪でのかんぱん治療ですが、皮膚科で受けることが可能です。かんぱんは年齢をかさねるごとに増えていきやすくなります。大阪での皮膚科でのかんぱん治療は、かんぱんレーザー治療と飲み薬の治療があります。飲み薬は保険適応内になるため、診察料などを含めての1、000円ちょっとです。
大阪でかんぱん治療に用いられる主な薬は、トラネキサム酸錠250mgです。

かんぱんはプラスミンという物質がメラニンの生成を活発化させることによって起きます。

トラネキサム酸はプラスミンの働きをおさえる作用があります。次にハイチオール錠80です。
これはL−システインが主成分の薬です。メラニンが生成されるときは、チロシナーゼという酵素が作られるのですが、L−システインはチロシナーゼの生成を阻害する作用をもっています。



新陳代謝も促進するので、メラニンの排出も促してくれるのです。


ベクタン錠50?はビタミンEを配合した薬になります。



ビタミンEには抗酸化作用があり、シミの原因となる活性酸素から肌を守ってくれます。



シナール配合錠はアスコルビン酸とパントテン酸カルシウムからできた薬です。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果があり、沈着してしまったメラニン色素も分解してくれます。

飲み薬でも治らなかった場合や、飲み薬で症状が大分落ち着いてきたところで、レーザー治療に移行していくこともおすすめします。


レーザー治療は高額になりますので、よく考えてから施術を受けるようにしましょう。